腰痛の対処方法

同じ「腰痛」であっても、その原因は多様であり、とすると、その原因ごとに治療方法が
異なるというのも当然のことです。腰痛を発症すると、一般には「温める」という対処が必要であると
考えられますが、中には「冷やす」という対処が必要な場合もあります。

 

今回は、症状によって温めたほうがいい場合と、冷やしたほうがいい場合とで分けて、
腰痛の対処方法をご紹介したいと思います

温めたほうが良い場合

まずは、温めたことで得られる効果について説明します。

 

温湿布などで温めた場合、血流量増加、筋肉が柔らかくなる(こりがほぐれやすくなる)
神経が活性化する、代謝の上昇などの効果が見込めます。

 

これらの効果を考慮すると温めたほうがいい症状としては、日本人には非常に多い
「慢性腰痛」が挙げられます。

 

慢性的な腰痛、腰のこりは、血流の悪さが原因している可能性が高くなります。

 

したがって、上記のように「血流量増加(血行促進)」の効果が見込める「温める」という対処が
有効であると考えられます。

冷やしたほうがいい場合

逆に、冷やすことで得られる効果は、血流量低下(抗炎症作用)、神経の鈍化(鎮痛作用)などが
考えられます。

 

ですから、普段しない重労働をした、あるいは急に激しい運動をした結果の腰痛の場合、
筋肉疲労(筋肉の炎症)を解消するためにも「冷やす」ことが有効であると考えられます。

 

もちろん、腰を強打したとか、ぎっくり腰などによる腰痛の場合も、温めずに冷やすことが
重要になります。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 

 



温めたほうがいい場合と冷やしたほうがいい場合関連ページ

入浴による腰痛対処の方法
椎間板ヘルニアを早く治したい方は必見です!椎間板ヘルニアによる腰痛や坐骨神経痛に苦しみ手術までした管理人が、椎間板ヘルニア完治までの最短ルートの治療法を教えます。手術なんて必要ありません!!
睡眠による腰痛の対処方法
腰痛の対処方法はいろいろありますが、睡眠は特に重要な位置づけとなります。なぜなら、人間は1日に平均して6時間〜7時間の睡眠をとるからです。今回は重要な睡眠による腰痛の対処方法をお伝えしていきます。
腰に負担をかけない座り方
パソコン作業など、一日中座って仕事をする方が非常に多くなってきています。座るという行為は腰に非常に負担をかけるため、正しい座り方をしなければ腰痛を悪化させることになります。今回は腰に負担をかけない座り方についてご紹介します。
腰痛に効くコルセット
コルセットは腰痛の痛みを和らげるアイテムとして有名です。しかし、コルセットもいろんなメーカーからいろんな製品が発売されています。今回は、コルセットの選び方から種類までご紹介してまいります。
腰痛に効くツボ
椎間板ヘルニアを早く治したい方は必見です!椎間板ヘルニアによる腰痛や坐骨神経痛に苦しみ手術までした管理人が、椎間板ヘルニア完治までの最短ルートの治療法を教えます。手術なんて必要ありません!!