椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアは保存療法や手術療法によって治療するのが一般的です。

症状的に自然治癒するケースもあるため、保存療法から経過観察しながら治療を開始します。

 

これはヘルニアが吸収されて痛みが軽減されることもあるからです。

 

ここでは、それぞれの治療法についてご紹介します。

保存療法について

保存療法には大きく分けて3つの治療法があります。

 

神経ブロック注射

 

痛みを緩和することを目的に、ステロイド薬や局所麻酔を注射します。
通院で済ませることが多いですが、状況によっては入院して治療を行うこともあります。

 

薬物療法

 

文字通り投薬によって治療を行います。筋弛緩薬や非ステロイド性の鎮痛薬を使用します。

 

理学療法

 

筋力の強化や牽引を行うことで、痛みに対して強い身体や健康な状態を取り戻すというものです。
「まだ痛い」という状態ではこのような治療法を行いません。

手術療法について

下半身に麻痺が出てきたり、保存療法でも改善が見られなかったりする場合、
また、本人の希望によっては手術療法が行われます。

 

また、排尿や排便障害が見受けられる時、厚生省労働省のガイドラインでは緊急手術を受けることを進めています。

 

後方椎間板切除術

 

背中から切開し、ヘルニアを取り除きます。

 

椎間固定術

 

ボルトなどで骨を固定します。

 

経皮的椎間板両方

 

レーザーなどを用いて背中を切開せずにヘルニアを取り除きます。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療