椎間板ヘルニア 保存療法

椎間板ヘルニアの保存療法

椎間板ヘルニアの整形外科での治療は、緊急に手術が必要な場合をのぞいて、保存療法からスタートすることがほとんどです。

 

ここでいう保存療法とは、理学療法含め、外科的手術以外のすべての治療方法をさします。

 

外科手術にくらべて負担の少ない保存療法で、80〜90%の患者さんは症状が改善されています。

急性期における保存療法

保存療法の目的は、安静にすることで病状が進むことをはばみ、人間のなかにある自己治癒力で症状を軽減させることです。

 

激痛が出ている急性期のピークのときは、正直、「生きてるだけで精一杯」な状態です。どのように痛いのか医療関係者に伝えることすら困難なことさえあります。

 

激しい痛みは交感神経を異常に緊張させ、血管を収縮させます。その結果、血液循環は悪化、痛み物質がよどんでしまい、ますます痛みを感じるという「悪循環」に陥ってしまいます。

 

そういう息も絶え絶えの状態のときは、とにかく、少しでもラクなポジションを取って椎間板に負担をかけないこと。

 

そして、消炎鎮痛剤や非ステロイド性抗炎症薬、筋弛緩剤、ビタミン剤などを内服したりする薬物療法で痛みの緩和をはかっていきます。

 

冷感のある湿布薬を皮膚に貼るのも効果的です。痛みをとる薬剤が皮膚から吸収されて直接作用するため、副作用も少ないとされます。

 

次の項で触れますが、急性期特有の激しい痛みには硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射、ステロイド注射等も効果があります。

 

まずは痛みによる心身へのダメージをとることが急性期には欠かせません。

 

痛みから解放されないと、冷静な判断もできないものです。

 

身体の向きを変えることできるようなら、剛性支柱を入れたコルセットで腰部をガッチリ固定して腰への負担を軽減させます。

 

急性期に、患部を温めたりマッサージや指圧などで刺激するとかえって症状を悪化してしまうことがあります。

 

くれぐれも注意しましょう。

急性期をすぎた時期の保存療法

発症直後の急性期には患部を冷やし、痛みがある程度軽くなった慢性期には温めることが肝心です。

 

この時期の療法としては、おもに温熱療法、低周波治療、ストレッチの指導がおこなわれます。

 

これらの保存療法を複数併用することで、症状は改善されることが多いのですが、これらをおこなってもなお症状が残存する場合は、牽引療法をおこなって予後を見ることになります。

 

また、自己治癒力をサポートするための食事治療なども、適宜とり入れていきます。

 

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療