椎間板ヘルニア ブロック注射

ブロック注射は椎間板ヘルニアの痛みの「悪循環」をブロックしてくれる!

ブロック注射とは、椎間板ヘルニアによる神経圧迫の痛みを緩和させるための注射です。

 

痛みがもたらす「悪循環」については症状のところでも触れましたが、[発痛→交感神経の異常緊張→血管収縮→血液循環悪化→痛み物質増大→痛みの増強]という痛みのスパイラルが耐えがたいつらさを生むのです。

 

この痛みの悪循環を断ち切る(ブロックする)のがブロック注射なのですね。

 

ブロック注射にはいくつか種類があります。ここからは、代表的なブロック注射についてのべてみます。

代表的なブロック注射について

●局所ブロック注射

 

トリガーブロックともいいます。抑えて痛いところの筋肉あるいは筋肉の膜に麻酔薬やビタミンを注射します。

 

●神経根ブロック注射

 

ルートブロックともいいます。おもにどの神経根が悪いのかを診断するためのものですが、治療としておこなわれることもあります。

 

●硬膜外ブロック注射

 

神経ブロック注射ともいいます。ブロック注射の代表選手です。どのようなブロック注射なのか、以下、少し詳しくみてみましょう。

硬膜外ブロック注射とは?効果はあるのか?

脊髄をおおう「硬膜」という膜と黄色靭帯のあいだに数mmの隙間があるのですが、これを「硬膜外腔(こうまくがいくう)」といいます。

 

この「硬膜外腔」に局所麻酔を注入し、神経による痛みの伝達を阻止(ブロック)する治療法がこの硬膜外ブロック注射です。

 

うまく効けば2〜3週間は痛みがラクになり、その後何回か繰り返し注射することで、注射をしなくても痛みがなくなる効果が期待できます。

 

腰椎硬膜外 仙骨硬膜外 ブロック注射

副作用としては、ほかの神経伝達も阻止されるため、尿意や足の動きが弱くなることが挙げられます。

 

また、飛びだした椎間板ヘルニアがなくなるわけではないため根本治療にはなりえませんが、椎間板ヘルニア患者のおよそ80%の方がこの治療で対処しているといわれています。

 

この硬膜外ブロック注射には、2種類の方法があります。

 

腰部硬膜外ブロック仙骨部硬膜外ブロックです。

 

@腰部硬膜外ブロック

 

まず、患者さんはエビのように丸くなって横になります。そして、背骨の中心から注射針を刺し、脊髄の近くで硬膜の外の部分に局所麻酔薬を入れる治療です。

 

場合によって炎症を抑えるステロイド剤を使用することもあります。

 

もし注射針が硬膜を貫いてしまえばその場所から髄液がもれだしたり、また、髄液にバイ菌が混じって髄膜炎を発症する危険性もあります。

 

そのようなリスクを回避するためにも、手術をする執刀医の技量が問われます。しっかりした専門医(いわゆる名医)がいる病院で、受診されることをおすすめします。

 

A仙骨部硬膜外ブロック

 

腰部硬膜外ブロックと同じところに薬剤を入れますが、お尻の先の仙骨のほうから針を刺します。

 

まず、うつ伏せになり、お尻を突きだす格好にするためにお尻の部分に枕を置きます。お尻の割れめの高い部分に、注射針を刺して局所麻酔薬を注入します。

 

腰部硬膜外ブロックにくらべ仙骨部硬膜外ブロックは、硬膜を貫いてしまうというリスクはありません。そういう意味で、安心感のあるブロック注射といえそうです。

 

しかし、副作用の可能性がまったくないわけではありません。仙骨部硬膜外ブロックをしたあと頭痛などを発症したときは、局所麻酔薬による急性薬物中毒を起こす疑いもあります。

 

「通常、腰に刺す注射は痛い」といいます。その言葉を裏付けるように、腰の中深くまで刺すために硬膜外ブロック用の注射針はしっかりした太さのある針です。

 

しかし、恐がる必要はありません。硬膜外ブロック注射はあらかじめ痛み止めの麻酔注射してからおこなうため、ほとんど痛みを感じることはないのです。

 

なおブロック注射は、社会保険適用の治療方法ですので、繰り返し打つ場合でも、安心して受けることができます。

管理人ありさんのブロック注射の体験記

ありさんは腰部と仙骨の2箇所からのブロック注射の経験があるので、
どちらのブロック注射が良いか記載します。

 

まず効果から言うと腰部からのブロック注射の方が効果は高いと思います。

 

何故かというとヘルニアが出てる部分に直接注射を打って
麻酔液を入れるので効果が高いです。

 

但し、麻酔液が入っている瞬間に激痛が走るのでめちゃくちゃ痛いです。。

 

仙骨からのブロック注射は麻酔液が入ってくる瞬間に
体の中を液体が流れる感じがしてすごく気持ち悪いですが

 

腰部からのブロック注射よりかは痛みはマシです。

 

注射の痛みについては、

 

仙骨からのブロック注射の方が一般的には痛いと言われているんですが
私はそこまで大きな差は感じませんでした。

 

ただ、腰部からのブロック注射はさすがに腰に注射を打たれるので
PN法での手術を思い出して少し嫌な気持ちになりました。

 

ブロック注射の効果ですが、正直、私は気休め程度だと思っています。

 

ブロック注射打った初日ぐらいは少し楽になるんが、

 

次の日からはいつもと同じ痛みが走るという感じで
私はそこまでブロック注射の効果はなかったです。

 

人によってはブロック注射だけでヘルニアが緩和したという人もいるので、
ありさんの経験はあくまで参考程度にして下さい。

 

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療