椎間板ヘルニア 治療期間

椎間板ヘルニアは「良性」の病気

椎間板ヘルニアの多くの場合は発症してから数ヵ月〜半年くらい経過すると縮小したり消失したりします。

 

ですので、椎間板ヘルニアと診断されたからといって、「このまま歩けなくなってしまうんじゃないか?」とか、「ずっとこの痛みがつづくのではないか?」などと、悲観的になる必要はまったくありません。

 

激痛に見舞われている瞬間は、生きた心地がせずこの世の終わりのような気持ちになってしまうかもしれません。けれども、椎間板ヘルニアはけっして「悪性」の病気ではないので、心に嵐のあとにくる穏やかな陽気をイメージしたいものです。

 

ただし、1ヶ月経っても椎間板ヘルニアの症状が改善しなかったり、排尿障害が起きるなどの重い症状のために日常生活に支障がでたりする場合は手術に踏み切ることもあります。

ポジティブ・シンキングが腰の痛みをいやす

椎間板ヘルニアが起きる厳密なメカニズムは、現在の段階では、すべてが解明されているとはいえません。

 

しかし、椎間板ヘルニアになった皆さんは3ヵ月から半年ほど経つと痛みが自然に改善して、快方にむかっているようです。

 

「自然によくなる」ことの理由として、変化した背骨の構造がしだいに安定したかたちに適応していくからとか、あるいは、痛みに対する防御反応で痛みの感じ方が鈍くなるとか、さらには、ヘルニア部分の炎症が起きにくくなるからと考えられています。

 

つまり、みなさんの身体にそなわっている「自然治癒能力」が影になり日なたにになって、みなさんを守ってくれているのです。

 

ですので、椎間板ヘルニアになっても、むしろ、前むきな気持ちをこれまで以上に持ちつづけることが、ご自身の自然治癒力を最大に発揮する秘訣といえそうです。自分の身体と心を信じましょう。

ヘルニア完治まで治療期間はどれくらい必要か?

ヘルニアの激痛に悩まされ続けると、本当に治るか不安になりますよね・・・・

 

いったいみんながどれくらいの治療期間を平均して掛けているのか知りたい方は、
下記からアンケートにお答え下さい!

 

ヘルニア治療

 

 

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療