腰痛 筋トレ

筋肉トレーニングで腰痛を予防する!

 

たった5分の筋肉トレーニングが腰痛を予防する

 

 

椎間板ヘルニアで苦しんでいた時のありさんは「動くと腰が痛い→痛いから動かない→動かないから筋力が落ちる→たまに動くと腰が痛い・・・・・・」といった様なヘルニア悪化の悪循環にはまって抜け出せなくなっていました。

 

そして動く時は腰痛が襲って来るのが怖くていつもコルセットを付けていたので完全に腰周りの筋肉は落ち切っていました。。

 

でも、筋トレを実践した今では多少の重い荷物もヘルニア再発の恐怖を感じる事なく楽々持ち上げれる様になりました。

 

鍛えた腹筋・背筋が筒状に体を支えてくれる事で椎間板に掛かる負荷を軽減しヘルニア再発や腰痛の予防になってくれています。

 

ただ、筋肉トレーニングと言ってもやり方を間違えて腰に負荷を掛け過ぎると更に腰痛を悪化させてしまう場合もあるのでしっかりトレーニング方法を学ぶ必要があります。

 

ありさんは椅子の座り過ぎが原因で腰痛になったので腰を支える筋肉を中心にトレーニングを実践してきましたので、その実践内容をご紹介したいと思います。

 

是非、己の体を鍛えて腰周りに筋肉の鎧を付けて腰痛を予防していきましょうね!

腰痛予防の筋肉トレーニングを動画でご紹介します!

 

 

それではありさんが実践する 中川式ストレッチ やウォーキングと一緒に行なっている腰痛予防のオリジナル筋肉トレーニング法をご紹介します。

 

私は椅子に長時間座り過ぎた事が原因で椎間板ヘルニアになったので腰を支える筋肉である腹筋や背筋を中心にトレーニングをして来ました。

 

中でも姿勢の維持に関係がある腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)というインナーマッスルを鍛えるトレーニングは長時間も椅子に座る私には効果的でした。

 

腸腰筋は体の奥にある大腰筋と腸骨筋の事で、大腰筋は背骨と両足の付け根を結ぶ筋肉、腸骨筋は骨盤と足の付け根を結ぶ筋肉になります。

 

腸腰筋の役割には太ももを上げたり、背骨の自然なS字の湾曲を支え、お尻の筋肉を引き上げ、骨盤の位置を正常に保つ役割があります。

 

腸腰筋が衰えてしまうと太ももを上げにくくなる為に転びやすくなったり、躓ききやすくなります。また骨盤が後傾して腹筋背筋の緩みや猫背になったり腰痛の原因にもなります。

 

是非、中川式ストレッチとウォーキングに腸腰筋の筋トレを組み合わせて実践して下さい!驚くほど早くヘルニアを治す事ができると思います。

 

ありさんが実践する「腹横筋オリジナル筋肉トレーニング法」は 動画プログラム で公開しています。
ご興味がありましたら下記フォームから是非メルマガ登録をして下さい!

 

腸腰筋

 

 

>> 筋トレと合わせて実践すると効果的なストレッチはこちら
>> 筋トレと合わせて実践すると効果的なウォーキングはこちら

 

 

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら