椎間板ヘルニアのタイプ

腰椎椎間板ヘルニアのタイプ

椎間板ヘルニアの症状は、大きく「脱出型」「膨隆型」の2つのタイプにわけられます。MRI検査を受ければ、どちらのタイプなのかわかります。

激しい痛みの割に快癒が見込める「脱出型」

腰椎椎間板ヘルニア 脱出型

椎間板のまわりには髄核を保護する繊維輪という軟骨があります。この繊維輪の内圧が大きくなってヒビが入ることにより、そのヒビから内部の髄核がとびだしてくるのが「脱出型」です。

 

繊維輪にヒビが入って髄核がとびだしたその瞬間に、ヘルニアが神経を圧迫し、ギックリ腰のような激烈な症状を起こすのです。

 

この「脱出型」の椎間板ヘルニアの急性期の症状については、息もできないほど、立ち上がることもできないほどの激痛に襲われる人もいれば、痛みはあるけれども日常生活にはそれほど問題のない人まで、痛みの強さはさまざまのようです。

 

もうひとつこの「脱出型」で忘れてはいけないのは、足に辛いしびれがでること。こちらの症状のほうが生活に支障をきたすかもしれません。腰から足の先まで走るしびれは、痛みを味わっているその人にしかわからない、本当につらいものです。

 

このように激しい痛みが特徴の「脱出型」ですが、はみだした髄核が時とともに細胞に吸収されるため、約3ヵ月ほどで痛みから開放されるケースがほとんどとされています。比較的予後のよい椎間板ヘルニアです。

はじまりは軽症だけれど厄介な「膨隆型」

腰椎椎間板ヘルニア隆起型

 

繊維輪にヒビがなく、髄核が繊維輪はみださないため、髄核と繊維輪がいっしょにふくらんで盛り上がります。

 

この「膨隆型」の椎間板ヘルニアは「脱出型」にくらべて軽症ではじまることが多いのですが、

 

次第に痛みが大きくなるタイプで治癒しにくく、「脱出型」より厄介なヘルニアといえます。

 

またこの「膨隆型」ヘルニアは、内側・外側、どちらから神経根が圧迫されるかによって、身体の傾きに違いがでます。

 

 

@外側性ヘルニア

 

神経根の外側を圧迫するため、身体は痛みのあるほうとは逆側に傾きます。

 

A内側性ヘルニア

 

神経根の内側を圧迫するため、身体は痛む側へと傾きます。

 

B中心性ヘルニア

 

椎間板が真後ろにむかってふくらんで盛り上がるため、背髄神経本体を圧迫し、腰を丸めた状態で痛みが増大します。

 

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療