腰痛の原因

筋肉の炎症

左側だけが痛いとは言っても、腰痛以外に何か問題があると必ずしもいえるわけではありません。

 

やはりこのケースでも、やはり筋肉の炎症が原因でそのような症状になることが多いです。

 

偏った姿勢での長時間労働や、姿勢が悪いなど、筋肉疲労や急激な負荷がかかったことによって、
腰部左側の筋肉が炎症を起こしている可能性が高いといえるでしょう。

 

また、筋肉の炎症の原因として挙げられるのが、体の歪みです。

 

体の歪みというのは、つまりは「骨格の歪み」ということになります。
骨格形成の問題は、後々いろいろな方向に悪影響を及ぼしますので、これは
重要なサインであるととらえるべきでしょう。

 

神経の圧迫

体の歪み、骨格の歪みが起こると、神経が圧迫されることになります。

 

これが、腰痛の主な原因となるケースは非常に多いです。
腰が「痛い」という感覚は、当然神経の圧迫に直接的原因があるわけですが、
その原因はというと、やはり骨格形成の問題が特に考えられます。

 

体が歪んでいると筋肉の炎症による腰痛だけではなく
神経を圧迫してしまいますので、こちらが原因で腰痛になるケースも
非常に多くなりますので、注意が必要です。

内臓系の病気

そして、腰の左側だけが痛むケースでもっとも恐ろしいのが、「内臓系の病気」です。

 

最も多いのが泌尿器系の疾患と、消化器系の疾患からくるもです。

 

泌尿器系の疾患だと、膀胱炎や尿路結石などが代表的です。
また、消化器系の疾患としては、原因はいくつかありますが、特にガンが出来た場合も
腰痛として症状が現れることがあります。

 

もちろん、ちょっとした病気の場合が多いですが、しかし中にはガンのように
非常に深刻な病気である可能性もありますので、このケースでは十分注意が必要であり
できるだけ早く病院で検査することをおすすめします。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 



体の左側だけが痛い場合関連ページ

ぎっくり腰の原因とは
慢性的な腰痛を抱えていない方でも急にぎっくり腰になることもあると思います。ぎっくり腰の原因や対策についてご紹介させていただきます。
ストレスが原因で起こる腰痛とは
腰痛は、筋肉疲労や骨盤のズレなどの外的要因だけではなくストレスから引き起こされる心因性腰痛というものがあります。今回はこの聞きなれない心因性腰痛についてご紹介させていただきます。
体の右側だけが痛い場合
腰痛と長く付き合っているとたまに右側だけが痛いという事もあると思います。しかし、右側だけが腰痛で痛いという場合は要注意です。今回は本当は危険な右側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介させていただきます。
筋肉が原因で起こる腰痛
腰痛の原因の大部分を占めるのが、筋肉疲労や筋力の低下など筋肉に関わるものです。今回は筋肉が原因で引き起こされる腰痛の原因と予防法についてご紹介させていただきます。
内蔵疾患が原因の場合
内臓疾患が原因で腰痛が引き起こされるというケースは少なくありません。消化機関や泌尿器など、複数の要因がありますのでご紹介いたします。
女性特有の腰痛の原因
腰痛には色々な原因があります。その中でも、中には女性特有の原因があります。今回は、女性特有の腰痛の原因についてご初回していきたいと思います。