腰痛の原因

筋肉疲労

腰痛の代表的症状である「ぎっくり腰」は、大きくわけると、
「椎間板ヘルニア」がある場合とそうでない場合に分けることができます。

 

ヘルニアがない場合のぎっくり腰の原因のうち、
症例がもっとも多いのが「筋肉疲労」です。

 

腰部周辺の筋肉疲労は比較的よく起こることですが、
しかしその疲労が蓄積してしまうことで、
腰にかかる体重を支えることができなくなってしまったときに、
いわゆる「ぎっくり腰」を発症する場合が多いです。

 

筋肉疲労性のぎっくり腰の場合、とにかく安静にして、
筋肉疲労の解消が重要
になります。

骨格の歪み

骨格の歪みも、非ヘルニア系のぎっくり腰としては
よく起こります。

 

骨格の歪みが原因のぎっくり腰は、ヘルニアにもつながる
可能性があるので、慎重に治療する必要があります。

 

骨格が歪んでしまう原因は、主に「骨盤」にある場合が
多いため、整体院などで「骨盤矯正」を

 

行うことで解消される場合が多いと考えられます。

 

もちろんそれ以外の原因で骨格が歪んでしまうこともありますが、
いずれにしてもその原因によって正しい治療が必要になります

いきなりの過負荷

急に立ち上がったり、膝を十分に使わずに重いものを一気に
持ち上げるような、「いきなりの過負荷」がぎっくり腰の直接の
原因になる場合は非常に多いです。

 

人間の骨格というのは、近隣するパーツどうしが互いに関連しあって
機能していますが、いきなりの過負荷が腰にかかることによって、
重いものを持ち上げる準備ができていない状態で腰に力が加わるため、
ぎっくり腰が起こることが多いのです。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 



ぎっくり腰の原因とは関連ページ

ストレスが原因で起こる腰痛とは
腰痛は、筋肉疲労や骨盤のズレなどの外的要因だけではなくストレスから引き起こされる心因性腰痛というものがあります。今回はこの聞きなれない心因性腰痛についてご紹介させていただきます。
体の右側だけが痛い場合
腰痛と長く付き合っているとたまに右側だけが痛いという事もあると思います。しかし、右側だけが腰痛で痛いという場合は要注意です。今回は本当は危険な右側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介させていただきます。
筋肉が原因で起こる腰痛
腰痛の原因の大部分を占めるのが、筋肉疲労や筋力の低下など筋肉に関わるものです。今回は筋肉が原因で引き起こされる腰痛の原因と予防法についてご紹介させていただきます。
内蔵疾患が原因の場合
内臓疾患が原因で腰痛が引き起こされるというケースは少なくありません。消化機関や泌尿器など、複数の要因がありますのでご紹介いたします。
体の左側だけが痛い場合
腰痛の中には腰全体が痛いのではなく、左側だけが痛いというケースがあります。原因はいくつかありますが、中には何かしらの病気の予兆であるという事もありますので、今回は左側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介していきたいと思います。
女性特有の腰痛の原因
腰痛には色々な原因があります。その中でも、中には女性特有の原因があります。今回は、女性特有の腰痛の原因についてご初回していきたいと思います。