腰痛の原因

腎臓疾患

腰痛にもいろいろな種類がありますが、特に「腰の右側だけが痛い」というタイプの腰痛の際には、
ちょっと注意が必要になるかもしれません。

 

というのも、そのタイプの腰痛の場合、腎臓疾患もしくは腎臓系疾患の可能性があるからです。

尿管結石

尿路結石(尿管結石)の前兆である場合にも、腰部右側の鈍痛が続くことがあります。

 

また、尿路結石だけではなく、腎結石の場合にも、腰痛という形で症状が現われる可能性が
非常に高いといえます。

 

腎結石の場合、発熱するケースも多いため、腰部鈍痛と微熱の継続の際には、
腎結石を疑ってみる必要があるでしょう。

 

ただし、尿路結石や腎結石の場合、必ずしも右側だけが痛いというものでもありませんので、
「腰部全体の鈍痛(もしくは微熱)」を目安としてください。

膵炎

「膵炎」という病気の際にも、右側だけが痛む腰痛を発症するケースが多いです。

 

基本的には、いわゆる腹痛の形で現れることが多いですが、腰痛や背中の痛みとして
現れることも珍しくありません。

 

「膵炎」は、アルコールの過剰摂取や胆石などが原因となって発症する病気ですが、
腰の右側の痛みを感じたときには、まずは検査をしてもらって、膵炎であるというこが判明したら、
すぐにでもアルコール摂取を控えるようにしなければなりません。

転移性骨腫瘍

基本的に、「がん」による腰痛、背中の痛みは非常に多いです。

 

どんな体勢をとっても痛いというタイプの痛みが襲います。

 

腰部右側の痛みの場合、転移性骨腫瘍の疑いがかかりますので、すぐにでも主治医に
相談してください。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 



体の右側だけが痛い場合関連ページ

ぎっくり腰の原因とは
慢性的な腰痛を抱えていない方でも急にぎっくり腰になることもあると思います。ぎっくり腰の原因や対策についてご紹介させていただきます。
ストレスが原因で起こる腰痛とは
腰痛は、筋肉疲労や骨盤のズレなどの外的要因だけではなくストレスから引き起こされる心因性腰痛というものがあります。今回はこの聞きなれない心因性腰痛についてご紹介させていただきます。
筋肉が原因で起こる腰痛
腰痛の原因の大部分を占めるのが、筋肉疲労や筋力の低下など筋肉に関わるものです。今回は筋肉が原因で引き起こされる腰痛の原因と予防法についてご紹介させていただきます。
内蔵疾患が原因の場合
内臓疾患が原因で腰痛が引き起こされるというケースは少なくありません。消化機関や泌尿器など、複数の要因がありますのでご紹介いたします。
体の左側だけが痛い場合
腰痛の中には腰全体が痛いのではなく、左側だけが痛いというケースがあります。原因はいくつかありますが、中には何かしらの病気の予兆であるという事もありますので、今回は左側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介していきたいと思います。
女性特有の腰痛の原因
腰痛には色々な原因があります。その中でも、中には女性特有の原因があります。今回は、女性特有の腰痛の原因についてご初回していきたいと思います。