腰痛の原因

腰痛の原因が「内臓」にあるというケースは非常に多いです。

 

女性であれば、子宮やその周辺部分のトラブルが圧倒的に多いですが、
男女にかかわらず、その他の内臓のトラブルのサインとして腰痛が
現われる可能性は高く、その際には、かなり重い病気である可能性もありますので
注意が必要になります。

 

腰痛以外に体に異変を感じた場合や、原因不明の腰痛に襲われた際には
内臓疾患を疑ったほうが良いかもしれません。

泌尿器系疾患

泌尿器系疾患と腰痛の関係では、やはり「腎臓」と「尿管」、そして「膀胱」の
トラブルが主に考えられます。腰痛が出る腎疾患の症例としては、「遊走腎(ゆうそうじん)」
「腎盂腎炎(じんうじんえん)」などが挙げられます。

 

また、尿管のトラブルの例としては、とにかく「尿路結石」がその代表といえるでしょう。

 

他にも、「尿路通過障害」という病気もあり得ます。

 

そして、膀胱のトラブルというと、「膀胱炎」が圧倒的に多いといえます。

消火器系疾患

消化器系疾患が原因で腰痛を発症するケースも多いです。

 

特に、腹部の奥のほうに位置している(つまり、腰に近い)消化器の疾患により、
腰痛を発症するケースが多いです。代表的な疾患として、やはり「悪性腫瘍(がん)」が
内臓にできたケースでは、ほとんど例外なく腰痛や背中の疼痛が起こると考えられます。

 

消化器官は比較的、腰に近い位置にありますので、以上が出ると
腰痛となって体に現れる傾向があるようです。

 

そのほかにも、腰痛の原因となる消化器系疾患はたくさんありますので、
原因不明の腰痛の場合、病院で検査してもらうことが大切です。

 

消化器系疾患が原因で腰痛が発症すると、場合によっては命に関わる
危険性がありますので十分注意が必要です。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 



内蔵疾患が原因の場合関連ページ

ぎっくり腰の原因とは
慢性的な腰痛を抱えていない方でも急にぎっくり腰になることもあると思います。ぎっくり腰の原因や対策についてご紹介させていただきます。
ストレスが原因で起こる腰痛とは
腰痛は、筋肉疲労や骨盤のズレなどの外的要因だけではなくストレスから引き起こされる心因性腰痛というものがあります。今回はこの聞きなれない心因性腰痛についてご紹介させていただきます。
体の右側だけが痛い場合
腰痛と長く付き合っているとたまに右側だけが痛いという事もあると思います。しかし、右側だけが腰痛で痛いという場合は要注意です。今回は本当は危険な右側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介させていただきます。
筋肉が原因で起こる腰痛
腰痛の原因の大部分を占めるのが、筋肉疲労や筋力の低下など筋肉に関わるものです。今回は筋肉が原因で引き起こされる腰痛の原因と予防法についてご紹介させていただきます。
体の左側だけが痛い場合
腰痛の中には腰全体が痛いのではなく、左側だけが痛いというケースがあります。原因はいくつかありますが、中には何かしらの病気の予兆であるという事もありますので、今回は左側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介していきたいと思います。
女性特有の腰痛の原因
腰痛には色々な原因があります。その中でも、中には女性特有の原因があります。今回は、女性特有の腰痛の原因についてご初回していきたいと思います。