腰痛の原因

筋肉疲労

腰痛の原因はいろいろ考えられますが、しかしやはり何といっても、その最大の要因は
筋肉疲労です。

 

原因は確かにいろいろあるものの、一般的に考えれば、腰痛の原因のほとんどが
筋肉疲労によるものであると言っても過言ではないはずです。

 

筋肉の疲労によって、筋肉にゆるみが生じやすくなり、これによって
体重を支えきれなくなってしまい、神経を圧迫することで痛みが起こるのです。

筋力の低下

筋力の低下も大きな原因となります。現代人にとって多いとされる筋力低下の原因は、
忙しさにかまけて運動不足の状態がずっと続いてしまうことが挙げられます。

 

そして、老化現象による筋力低下を発症する人口も非常に多くなっています。
社会問題となっている高齢化の波はこういたところにも及んできているわけです。

 

やはりその対策としては、「筋力アップ」しかありません。
運動不足を感じている人の場合は特に、ウォーキングなどの軽い運動を積極的に
取り入れることが大切です。

腰痛の予防方法

筋肉に原因がある腰痛の予防方法として考えられるのは、上でも触れたように、「適度な運動を行う」
ということがまずはひとつ。そして、「長時間筋肉に負担をかけ続けることを避ける」というのも、
非常に重要な考え方になります。

 

運動不足の解消のためには「運動をする」こと以外に方法はないですが
長時間筋肉に負担をかけ続けることを回避するという考え方は非常に重要です。

 

つまり、「同じ姿勢を長時間継続しない」とか、「同じ動作をずっと続けることを避ける」、あるいは、
「利き手、利き足に頼らない」などの工夫が必要になります。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

 



筋肉が原因で起こる腰痛関連ページ

ぎっくり腰の原因とは
慢性的な腰痛を抱えていない方でも急にぎっくり腰になることもあると思います。ぎっくり腰の原因や対策についてご紹介させていただきます。
ストレスが原因で起こる腰痛とは
腰痛は、筋肉疲労や骨盤のズレなどの外的要因だけではなくストレスから引き起こされる心因性腰痛というものがあります。今回はこの聞きなれない心因性腰痛についてご紹介させていただきます。
体の右側だけが痛い場合
腰痛と長く付き合っているとたまに右側だけが痛いという事もあると思います。しかし、右側だけが腰痛で痛いという場合は要注意です。今回は本当は危険な右側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介させていただきます。
内蔵疾患が原因の場合
内臓疾患が原因で腰痛が引き起こされるというケースは少なくありません。消化機関や泌尿器など、複数の要因がありますのでご紹介いたします。
体の左側だけが痛い場合
腰痛の中には腰全体が痛いのではなく、左側だけが痛いというケースがあります。原因はいくつかありますが、中には何かしらの病気の予兆であるという事もありますので、今回は左側だけが痛い場合の腰痛の原因についてご紹介していきたいと思います。
女性特有の腰痛の原因
腰痛には色々な原因があります。その中でも、中には女性特有の原因があります。今回は、女性特有の腰痛の原因についてご初回していきたいと思います。