椎間板ヘルニア

腰痛のストレッチは、注意点を守って行わなけれな、余計に悪化させてしまう原因に
なってしまいます。

 

特に以下の点は特に注意して行ってください。

体を温めてから行う

筋肉は、気温や温度、時間帯によって伸び具合が変わります。

 

体が冷えている時は筋肉が収縮していますので、ストレッチをすると急激に伸ばされて
筋肉を痛めてしまう可能性があります。

 

特に冬の寒い時期や、起きたばかりの朝は筋肉が固まりやすいですので、注意が必要です。

やり過ぎに注意!

「筋紡錘」というセンサーの役割をする筋肉がありますが、
筋肉が急激に伸張されると筋紡錘が筋肉の断裂を防ごうと脳に危険信号を送ります。

 

そのため筋肉は反射的に一気に収縮して筋肉の断裂を防ぎます。

 

これを「伸展反射」といいます。

 

ストレッチを行うときに、グイグイと勢いをつけて行うと、
この進展反射が起き筋肉に強いストレスを与えてしまい逆効果になってしまいます。

 

「あ〜気持ちいいな!」と、思えるところまでに留めておきましょう。

1箇所に20秒程度行いましょう

筋肉はゆっくりと時間をかけて少しずる伸ばすことで伸びていきます。

 

10秒程度では気休め程度です。ゆっくりと息を吐きながら行うことで、
より効果的なものになります。

 

最後に、ストレッチは決して無理をして行ってはいけません。

 

その日の体調や筋肉の調子に合わせて適度に行いましょう。

 

また、現在治療中の方、痛みのある方などは、医師や専門家の指示に従って
行うことをお勧めします。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

 

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 

 



腰痛ストレッチの注意点関連ページ

腰痛ストレッチの効果
腰痛をお持ちの方なら、腰痛体操やストレッチを日常に取り入れて腰痛の治療に取り組まれている方も多いのではないかと思います。なので今回は腰痛ストレッチの効果についてご紹介していきたいと思います。
腰痛ストレッチのやり方
腰痛ストレッチは、やり方を間違えると症状が悪化したり、全く効果が出ないこともあります。腰痛ストレッチの正しいやり方や、効果的な腰痛ストレッチのメニューをご紹介してまいります。