椎間板ヘルニア

日本人の宿命的な症状である「腰痛」。

 

仕事中や家事、日常の様々な場面で「腰が痛い。。」と誰もが感じたことが
あるのではないでしょうか。

 

腰痛の主な原因は、同じ姿勢を取り続けることや、運動不足による筋力の
低下によるものだと言われています。

 

動かさないことにより、筋肉が固まってしまいそこから傷みへと発展してしまいます。

 

さらに、腰痛に深く関係しているのが「背骨」です。
腰は背骨のみでその負担を受け止めています。その背骨の周りには非常に多くの
細かい筋肉がついているのですが、背骨を動かさないことにはその筋肉群は固まっていきます。

 

そして固まっていくと腰の動きの悪くなり、腰全体も硬くなるのです。

 

そこで今回は、気軽に出来る腰痛に効果的なストレッチについて紹介したいと思います。

背中全体を伸ばすストレッチ(猫のポーズ)

 

@四つん這いの体勢になります。

 

A息を吐きながら、背中を上に持ち上げるようにして丸めます。
 この時おへそをのぞき込むような感じで自然に首を丸めます。

 

B息を吸いながら頭をゆっくり起こし、逆に胴体を下に押し込みます。

腰の筋肉を伸ばすストレッチ

 

@仰向けになり、膝を両手で抱えて、ゆっくりと背中を丸めて筋肉を伸ばしましょう。

 

A胸に膝をつけ、余裕があれば頭を持ち上げて揺りかごのように上下に揺れるとさらに効果的です。

 

B10〜30秒キープして、ゆっくりと足を戻します。

腰をひねるストレッチ

@仰向けになり、左手で右足の外側を持ちます。

 

Aそのまま右足を左側へ、息を吐きながら倒していきます。
  このとき上半身は仰向けをキープしてください。

 

Bそのまま10秒キープします。

 

C左右交互に10回やってみましょう。

前屈改善ストレッチ

 

@両足を肩幅程度に開き、手を股関節辺りに置きます。

 

A前かがみに上体を曲げ、その際背中はネコのように丸めましょう。

 

B10回1セットとして、1日5セット実践しましょう。

後屈改善ストレッチ

@両足を肩幅程度に開く。

 

A両手を腰の位置に置き、力を抜き顔は正面を向きながらゆっくり後ろに上体を反らしましょう。

 

B10回1セットとして、1日5セット実践しましょう

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

 

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

 

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

 

 



腰痛ストレッチのやり方関連ページ

腰痛ストレッチの効果
腰痛をお持ちの方なら、腰痛体操やストレッチを日常に取り入れて腰痛の治療に取り組まれている方も多いのではないかと思います。なので今回は腰痛ストレッチの効果についてご紹介していきたいと思います。
腰痛ストレッチの注意点
腰痛のストレッチは、注意点を守って行わなけれな、余計に悪化させてしまう原因になってしまいます。今回は腰痛ストレッチをする上での注意点をご紹介いたします。