椎間板ヘルニアで悩む阪神タイガース城島選手

阪神タイガース城島選手 来週に椎間板ヘルニア手術、今季絶望の可能性も(2012年5月17日)

阪神タイガースの城島捕手が「椎間板ヘルニアに苦しんでいる様です。

 

捕手だと長時間もしゃがんだ姿勢を続けたりいきなり立ち上がってボールを投げたりで、あまり腰に良いと言えないですね、、

 

左足の爪先まで感覚が無くなる程の坐骨神経痛が出ている様でかなり辛い痛みが襲っている事が想像できます。

 

年齢的にも故障があると引退の可能性も出てしまうので何とかヘルニアを完治して、また、元気に試合に出て欲しいです。

 

下記にスポニチの内容を記載しておきますので参考にしてください。

 

座骨神経痛で11日に出場選手登録を外れていた阪神・城島健司捕手(35)の今季中の戦列復帰が絶望となる可能性が出てきた。

 

同選手は16日に甲子園球場のクラブハウスを訪れ、痛みの原因となっている椎間板ヘルニアの除去手術を来週中に受けると明らかにした。

 

今季中の復帰を目指しての措置だが、症状は極めて深刻で今後については流動的だ。

 

「この1カ月ぐらい、左足の爪先まで感覚がない。今は歩いていても、左足が地面に着いているかも分からない状態。このままでは守備どころか打撃にも影響があるということで。(今は)自分自身にがっかりしている」

 

苦渋の表情で、手術を決断した経緯を説明した。座骨神経痛の原因となっていた椎間板ヘルニア。

 

開幕直後は臀(でん)部にしびれを覚え、徐々に左足にも広がった。シーズンに入って4回ブロック注射を受けるなど懸命に治療を続けたが改善は見られなかったという。出場選手登録を外れた後は福岡県の自宅で安静に努めたが、症状は緩和されなかった。

 

「手術をせずにチームから離れたくないという思いでやってきたが、何件かの医師に意見を聞いたところ一日でも早く手術をした方が今季中に戻れる確率が高くなるということだった」

 

順調にいけば術後1カ月で練習再開も可能というが、常川チーフトレーナーは「野球選手としては重症」との見解を示した。

 

城島は右肘や左膝半月板などの故障の影響で今季は捕手での出場がなく、一塁手としてプレー。控えに回ることが多く、24試合で打率・179、0本塁打、5打点だった。

たった1ヶ月半でヘルニア完治させたストレッチ法とは!?

中川式腰痛治療法

ヘルニアをたった1ヶ月半で完治させたストレッチ法とは?

 

ありさんの腰痛はストレッチを導入した事でヘルニアは飛躍的に改善されました。

 

椎間板ヘルニアの治療は 継続する事 が大切ですが、自宅で簡単にできる ”たった15分”ストレッチ なので継続して取り組めます。

 

「ヘルニアにならない体」を自分で作って行きましょうね!

 

 

>> ヘルニアを1ヶ月半で完治させたストレッチ法はこちら

椎間板ヘルニア早期治療法を動画プログラムで公開!

 

 

1ヶ月半で椎間板ヘルニアを完治させた方法を動画で公開!!

 

 

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアによる辛い腰痛と坐骨神経痛のしびれに苦しみ手術までしたサイト管理人ありさんが椎間板ヘルニアを早期に完治させた治療法を腰痛で苦しむあなたにお伝えします!

 

ありさんが実践する 椎間板ヘルニア早期治療法動画講座で公開します!

 

腰痛を早く治したい方は必見です!

 

 

椎間板ヘルニア 治療